ALC ビル リフォーム freetalk | mapling

mapling

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
雑談
1人フリートーク。
Read more ...
posted by kaede | freetalk | comments(0)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
たいやきんぐ


神保町のスタバ、へ行く前にちょっと散歩してたら、

小川町でたい焼き屋さんを見つけたもので。


爽やか店員のスマイルがよい。


ちょっと変わったたい焼き片手に、

またぐるっと辺りを回ってしまった。


今は無事にスタバ着。

早くもベスポジげっと。



しかしシャッターも気になる。

昨日、はみ出した箇所を修正しないで帰ってしまったもので。

posted by kaede | freetalk | comments(0)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ゴミ箱



錦糸町にて。


ゴミ箱の穴。3つ。


一見すると、

「どの穴に入れても結局同じとこに入るんじゃん、

 なにこの無意味な穴の区別」

と言いたくなるところです。


私はペットボトルを捨てようとしたわけですが、

普通なら横に並ぶべき穴が、

縦に並んでることに戸惑いを覚えます。


まぁでも、折角だから、

PETと書かれた穴にペットボトルを差し込むと、



なんと!



予想に反し、滑り台のようにすべって行くペットボトル。

穴の向こうですぐ落下、ではなく、スライダーのようになっていたというわけ。


しゃれたことをしてくれるものだ。


こういう裏切られ方っていいな。



私はこのゴミ箱初めて見たんだけど、

世間的にはもう普及してるんだろうか。



錦糸町にて。


ゴミ箱の穴。3つ。


一見すると、

「どの穴に入れても結局同じとこに入るんじゃん、

 なにこの無意味な穴の区別」

と言いたくなるところです。


私はペットボトルを捨てようとしたわけですが、

普通なら横に並ぶべき穴が、

縦に並んでることに戸惑いを覚えます。


まぁでも、折角だから、

PETと書かれた穴にペットボトルを差し込むと、



なんと!



予想に反し、滑り台のようにすべって行くペットボトル。

穴の向こうですぐ落下、ではなく、スライダーのようになっていたというわけ。


しゃれたことをしてくれるものだ。


こういう裏切られ方っていいな。



私はこのゴミ箱初めて見たんだけど、

世間的にはもう普及してるんだろうか。

posted by kaede | freetalk | comments(0)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
リバーサルフィルム

生まれて初めて、リバーサルフィルムに挑戦@HOLGA

フィルムはVelviaのどれか。


リバーサルフィルムは以前、

写真をよく撮る友人に、そのフィルムを見せてもらって初めて存在を知った。


現像すると、フィルムなのに色がそのまま。

要するにネガではない。

スライドとかに使うんだよー、と教えてくれた。


そのときは、そこら辺にあったお店の、

中に電気の入った立て看板にフィルムをあてて、

白い光で透かして見た。


私たちが図面をトレースするときに使う、

下から光が当てられる机(私は持っていないけど)などを、

本来は使うんだろう。


普段プリントされるサイズとは違う、

小さいフィルムを覗き込む感じがなんかよくて、

それに、色がとても鮮やかに感じられた。


彼女はもともとすごく綺麗な写真を撮る人だから、

そのなせる業によるところが大きかったのかもしれないけど、

フィルムに写った友人と、青い飲み物、赤いさくらんぼ。


そんな夏のひとコマのイメージは、

リバーサルフィルムへの憧れを掻き立てるには十分なもので。



で、現像されたフィルムがこちら。





我が家の蛍光灯にフィルムを貼り付けてみた。

そううまくもいかず、黒い部分がかなりある。


でも、黒い部分も近くで見ると、

去年違う班のフィールドワークに乗り込んで、

お祭りに行った時の写真であることが分かる。




スキャンしても暗い。




透かすとこんな感じ。


HOLGAなのに、シャープな感じがします。

色もいつもより鮮やか。

って、そんなに分析できるほど撮ってないんですけど。


リバーサルはプリントできないのかと思ってたら、

プリントもできるそう。

ただ、めっちゃ高いらしい。


35mmだと、フジフィルムでビュープリントってのが出てて、

ライトテーブルや拡大鏡を使わなくても、

手軽に見れる状態でプリントできるみたい。

パーフォレーション(フィルム上下の穴)もそのまま。


ふーむ。



ブローニーフィルムと呼ばれている120フィルムには、

そういえば穴がない。

あの穴って結構、フィルムを特徴付けているものだと思うのだけど。


35mmでは、あの穴に歯車がかみあって、

その回転数でフィルムの送り量を決めているそう。


それに対し120は、裏紙の数字(赤窓から見るやつ)で、

撮影者が判断して送りをとめる。

だから歯車など必要ないというわけ。


他にも、35mmは最後にうぃーんってフィルムを巻き戻して、

元の芯に全部巻きつけるけど、

120は予め入れて置いた他の芯(スプールと呼ぶらしい)にお引越ししてそのまま。


など、色々と違いがあるのね*



いまさらちゃんと理解しました。


参考:ブローニーの基礎知識



早くいろんなものを終えて、旅に出たいものだ。

posted by kaede | freetalk | comments(0)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Infomation
じぶんの今を記すことで見えてくるもの。
Entries
Categories
Archives
Comments
LINKS
Recommend
TAB
UNIQLO CALENDAR
Last.fm
Booklog
Others